Yahoo! JAPAN いいとも最終回特別仕様ロゴ

いいとも特集サイトへ移るが…プレゼント応募はできません(トラブってる

Yahoo! JAPAN いいとも最終回特別仕様ロゴ

いいとも特集サイトへ移るが…プレゼント応募はできません(トラブってる

(Source: Yahoo! Japan)


佐村河内守氏のゴーストライターである新垣隆氏の会見及び質疑応答

佐村河内守氏のゴーストライターである新垣隆氏の会見及び質疑応答について、産経新聞書き起こし(詳報)とテレビ朝日動画を合わせたリンクを付けてまとめてみた。

【詳報01】 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020615020004-n1.htm
 広島市出身の被爆2世で両耳が聞こえない作曲家として知られる佐村河内守(さむらごうち・まもる)さん(50)の楽曲を特定の別の人物が作っていた問題で、「佐村河内さんのゴーストライターを18年間やっていた」と名乗り出た桐朋学園大非常勤講師の新垣隆(にいがき・たかし)さん(43)が6日、東京都内で記者会見した。「影武者」を告白した新垣氏の口から語られた「真相」とは-。

<映像01> http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000020964.html
 〈会見は午後2時半に始まった。報道陣から激しいカメラのフラッシュがたかれるなか、新垣氏はグレーのスーツ姿で登場した。6日発売の「週刊文春」に記事を発表したノンフィクション作家の神山典士氏らも同席。主催者が冒頭、会見に至るまでの経緯を説明した後、新垣氏が準備してきたコメントを読み上げた〉

 新垣氏「私は、佐村河内守さんと出会ったときから18年にわたり、彼の代わりに曲を書き続けてきました。佐村河内さんが世間を欺いて曲を発表していると知りながら、指示されるまま曲を作り続けた私は、佐村河内さんの共犯者です。障害をお持ちの方々、また、彼の言葉を信じて曲を聴いてくださった多くの方々、見事な演奏をしてくださった演奏家の皆様、本当に申し訳ございませんでした。

 当初は軽い気持ちで曲を書くことを引き受けていました。彼を通じて私の曲が世の中に受け入れられたことが、うれしかったことは否めません。しかし、彼が世間に知られるにつれ、この関係が世の中に明らかになってしまうのではないか、と不安を抱くようになりました。そしてこれ以上、自分の好きな音楽で世間を欺きたくないという気持ちが、私の中で大きくなってきました。

 私は何度か、彼に対して『こんなことはやめよう』といいましたが、彼は聞き入れてくれませんでした。(佐村河内さんに)『あなたが曲を書いてくれないと私は自殺する』ともいわれました。

 そんな中、フィギュアスケートの高橋大輔選手が、私の作曲した「ソナチネ」を(五輪で使うことを)選ばれたことを知りました。このままでは高橋選手までもが彼と私の嘘を強化する材料になってしまう。しかし、同時に事実を知った高橋選手のショックを考えると、公表すべきか迷いました。

 ただ、このまま何もいわず、五輪の後に事実が発覚した場合、高橋選手は非常に戸惑うのではないでしょうか。さらには、『偽りの曲で演技したではないか』と世界中から日本に非難が殺到するかもしれない。いろいろ考えた結果、高橋選手には事実を知ったうえで五輪を堂々と戦っていただきたいと思い、このような会見を開かせていただくことにしました。

 高橋選手、そして音楽作品を聞いてくださったみなさまには、本当に申し訳ないことをしたと思っております。深くおわび申し上げます」

〈会見はその後、質疑応答に移った〉

【詳報02】 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020615170005-n1.htm
<映像02> http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000020970.html
 〈新垣氏によるコメント読み上げのあと、報道陣との一問一答が始まった〉

 --佐村河内さんとの出会いのきっかけは

 新垣氏「彼(佐村河内氏)とは知人を介して紹介されてお会いしました。彼が映画の音楽を担当することになり、彼が必要とした『オーケストラのための音楽をできる人を探してほしい』という相談を受け、私のところに連絡が来ました。最初の出会いはそのようなものです」

 --この18年間で、やめようと思ったタイミングはあったか

 新垣氏「やめようと思いましたのは、できるならば早い段階ででした。当初は彼の映画やゲーム音楽のお手伝いという形で、私はアシスタントとして関わっていました。そのような認識を持っていました。その中においては、ゲームであり映画をつくるスタッフの一人であるということで、特に問題は感じていませんでした。

 ただ、彼がある時期から、世間に対し『自分は耳が聞こえないのだ』という態度を取ったとき、そしてそれを彼の名で私が書いた曲の発表をした時点で、それは問題のあることだと思いました。しかし、そこではまだやめようということではなく、彼に従い曲を書き続けました。

 去年5月に、ピアノの曲を提出したとき、もうこれ以上はできないと思いました。そこから、彼に何度かこの関係を続けることはやりたくないと伝えました」

<映像03> http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000020971.html
 --耳が聞こえないということだが、これまで接していて、「そうではない」というエピソードがあれば

 新垣氏「耳に関しては、私の認識では、初めて彼と会ったときから今まで、特に耳が聞こえないということを感じたことは一度もありませんでした」

 --一般の方と同様に話ができたということか

 新垣氏「そういうことです」

 --佐村河内氏から「現代典礼」という曲の依頼を受けてどう思ったか

 新垣氏「彼からは、一枚の図表をもらったわけですが、それと同時に、彼が『非常に大きな編成で大きな長さの曲を書いてくれないか』と依頼がありました。図表は、実際の作品の曲のなりゆきとは全く異なりますけど、ただ、あの表を私が机の横に置くということで、それをある種のヒントとして、私が作曲する上では必要なものだったと思います」

【詳報03】 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020615220006-n1.htm
 〈新垣氏は言葉を選びつつ、報道陣の質問に答えていった〉

 --最後に佐村河内さんと会ったのはいつか

 新垣氏「最後に会ったのは、去年の12月15日です」

 --そのとき、「すべてを打ち明ける」といったような話はしたのか

 「していません」

 --今、佐村河内さんに何といいたいか

 「多くの人の夢を壊してしまったわけです。ただ、やはり、そもそもの関係が間違っていたのではないでしょうか。以上です」

 --2人の印税などはどう管理していたのか

 「彼が(作曲を)依頼し、私が作曲し、それによって私は報酬を受け取りました。印税については私はまったく関係がありません」

 〈質問は各作品の作曲の経緯などに及んでいく〉

 --2006年に、佐村河内さんがある高校の吹奏楽部に小品を提供している

 「はい。私が作りました」

 --どんな依頼だったのか

 「彼が、ある高校の吹奏楽部の顧問の先生とコンタクトを取り、それで彼が『学校の吹奏楽部のために曲を書きます』といって、私のところに依頼が来ました」

 --佐村河内さんから曲のイメージや構成案が送られてきたのか

 「あの曲に関しては、そういうことはありませんでした。私が(曲を)書きました。楽器の編成が吹奏楽のみならず、邦楽器を含んでいた。顧問の先生から、ゲーム音楽のイメージで作っていただけないか、という依頼だったと思います。それを受け取り、作曲しています」

<映像04> http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000020972.html
 〈質問は再び、佐村河内さんの聴力に及ぶ〉

 --佐村河内さんの聴力について。新垣さんが作った曲を佐村河内さんが聞き、意見するなど、耳が聞こえる具体的なエピソードはあるのか

 「おっしゃったようなことはありました。私が録音したものを彼が聞き、彼がそれに対してコメントするというシーンは何度もありました」

 --耳が聞こえないということを装っていた、という認識なのか

 「はい」

 --CDの解説書の中で、佐村河内さんが長野にコンサートを聴きにいき、新垣さんと知り合ったというエピソードが載っていた。それもすべて嘘だったのか。そして、吹奏楽部のために作った曲では、新垣さんは満足感を感じていたのか

 「CDの解説にあった記述はほとんどが嘘です。出会いはそうではないですし、あれはフィクションです。また、吹奏楽の小品のみならず、私は作曲をしましたけれども、私の作品であることはいえると思いますが、同時に、一連の作品というのは、彼とのやりとりの中で生まれたものであるという認識を持っています」

【詳報04】 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020615370007-n1.htm
 --ドキュメンタリー番組で、曲が浮かばない苦悩や、曲を絞り出す姿が映されていた。彼の苦悩する姿をみてどう感じたのか。演技だったか、本当に苦悩し、それを新垣さんに伝えたのか

 新垣氏「彼がどのような気持ちであのようなシーンを撮られたのか私には分かりません。ただ、私は、彼から依頼をうけたとき、やはり何か被災者の方のために曲を書きたいと思いました」

 --音楽自体はすばらしいと感じたが、番組内の曲作りに苦悩する姿などは、佐村河内氏の演技だと思うか

 新垣氏「私はそう思っています」

 --共作にしようという提案はあったか

 新垣氏「そのようなことは私からも提案はしなかったです」

 --共作という意識はなかった

 新垣氏「あくまで彼のゴーストライターであるべきだと思っていた」

<映像05(音声に欠落あり)>http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000020973.html
 --佐村河内氏側の代理人によると、新垣さんが表に出づらい理由があったということだが

 新垣氏「いえ、特段ありません」

 --名前が出なかったことについておかしいともおもわなかった

 新垣氏「初めの段階から、私はゴーストライターとしての役割であると思っていました」

 --ゴーストライターとして曲を書いた報酬は

 新垣氏「18年間で20曲以上提供しました。はっきりとした金額はちゃんと調べていませんが、700万円前後だと思います」

 〈話題は「みっくん」と呼ばれる義手のバイオリニストの少女との関係に移る〉

 --フィギュアの高橋選手が使用するバイオリンのためのソナチネは、当初みっくんに送られた曲。新垣さんとみっくんの関係は

 新垣氏「彼女とは、彼女がバイオリンを始めた頃から私がバイオリン教室で私が伴奏していたので、そのころからの関係です」

 --ご家族からは佐村河内氏への相談は

 新垣氏「はい。そういうことが一回ありました」

 --どういった内容か

 新垣氏「それは、雑誌に書いてある通りです」

 --700万ほどの報酬について。今後返還する考えは。もしくは今後、演奏家の方らに賠償のような形をとることは考えているか

 新垣氏「私の気持ちでは彼に報酬を返すことは考えていません。演奏家の方に対しては、私は非常に感謝の念を持っています。それをお伝えしたいと思います」

 --佐村河内さんの曲と信じてCDを買われたファンの方には

 新垣氏「それは、大変申し訳ないことをしたと思っております。本当に申し訳ありません」

 〈新垣氏はここでまた深く一礼。報道陣は相次いで手をあげている〉

 --世に知られるきっかけとなった芥川作曲賞への応募について、作曲家としてどういった気持ちだったか

 新垣氏「それに関しては私は、最初は知らないままだったのですが、戸惑いました」

 --ご自身で芥川作曲賞に応募されたことは

 新垣氏「私自身のオリジナルとして提出したことはまだありません」

 --今後は

 新垣氏「賞に応募することはないと思いますが、その芥川作曲賞という日本の芸術音楽に贈られる賞なので、私もその領域で、芸術作品を作りたいという意志は強く持っております」

【詳報05】 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020616060008-n1.htm
 〈質問は、楽曲に関する今後の権利や、現在のクラシック業界への見解にまで及んでいく〉

<映像06(音声に欠落あり)>http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000020974.html
 --佐村河内さんから伝えられていた楽曲のイメージはどんなものか。また今後、楽曲の著作権を主張するのか

 新垣氏「彼は言葉のみならず、いろいろなクラシック音楽のレコード、CD、録音などを聞いていました。それで、彼なりに、自分の(表現)したいものを選んで、提示したこともあります。それから図表や言葉というもので提示されました。著作権に関しては、私は放棄したいと思います」

 --佐村河内さんはピアノを弾けないのか。また、新垣さんは、今のクラシック業界に対する不満があったのか

 新垣氏「今の質問に対しては、特に不満を持っているということはありません。作曲家が、自分の作品を発表するための場は、決して貧しい状況とは思っておりません。それから、彼(佐村河内さん)は、非常に初歩的なピアノの技術のみ、であります」

 --会話ができたということは、2人以外に誰が知っていたのか

 新垣氏「私は彼と接触するとき、ほとんど2人だけだったです。そこでは、ごく普通のやりとりをしていたということです。それ以外で彼と会うということはありませんでした」

 --著作権を放棄するとおっしゃった。著作権をすでに譲渡しているのか。楽曲を提供した際、すでにそういう話し合いをしているのか

 新垣氏「そういう話は一切していません」

 --JASRACと協議はしているのか

 新垣氏「私はそれには一切関わっておりません」

<映像07(音声に欠落あり)>http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000020975.html
 --レコード会社の日本コロムビアや、密着取材したNHKのディレクターも一切事実を知らなかったのか

 新垣氏「私はNHKの方やコロムビアの方とはコンタクトを取っておりませんでしたので、それはお答えできない。私はまったく知りません」

 --2人の関係が露見しないために工作したのか

 新垣氏「それは1点。私が(楽曲を)作っているということを口外しないということのみです」

 --偽名を使ったのは

 新垣氏「偽名を使ったのは、(「週刊文春」に報じられた)1回です」

 〈質問は再度、新垣氏が「真相」を打ち明けることを決めた心中についてただしていく〉

 --気持ちに変化が起きたのはなぜか

 新垣氏「去年の5月に曲を提出した段階で、続けられないと思いました。7月にそのことを彼に伝えました。さらに12月、もう一度彼に要求しました。でも、それはうまくいかなかった」

【詳報06】 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020616220009-n1.htm
 --「現代典礼」という曲を作ろうとした経緯と、それが「HIROSHIMA」に変わっていった経緯は

 新垣氏「彼(佐村河内守さん)から『一枚のCDに収まるようなゲームではなく、オーケストラのための作品を作りたい』という希望を聞きました。それを、発売するのだと。そのために一年間で、つくってくれ、ということで引き受けました。

 私は事情は分からないのですが、結果的に発売はされませんでした。そのままになっていました。もちろんそのときには、『HIROSHIMA』というタイトルではありませんでした。数年後、そのオーケストラ作品が『HIROSHIMA』というテーマで発表されると聞いた際には大変驚きました」

 --改めて「みっくん」とよばれるバイオリニストと、ご家族への思いを

 新垣氏「彼女にはぜひ、あの曲を弾いてほしいと思っています。彼女と、彼女の家族のみなさまに対しては、これからも音楽を通じてコミュニケーションをしていきたいという思いが強くあります」

<映像08?>(まだアップロードされていない、または無い)
 --新垣さんが今回会見をして謝罪をするのは一つのけじめだと思うが、今後の身の処し方は

 新垣氏「できることならば、今後も私の音楽の仲間たちとともに、音楽活動を続けていきたいと強く思っています」

 --みっくんに曲を弾いてほしいということだが、一方著作権については放棄したいともいう。ご自身でこの曲は残したい、この曲は違うというような切り分けは。また、自分の音楽と佐村河内氏の音楽を作る際の気持ちの違いは

 新垣氏「佐村河内さんのために曲を書くという面もありました。彼との関わりの中で、作品が生まれるということなのですが、彼との共同作業であると私は全ての作品において思うのです。同時に、全ての作品は私のできる限りの力の範囲で作るものであり、そういう意味では、一つ一つが大事なものです」

 --なぜ週刊誌での告白という形を取ったのか。また、ソチ五輪直前のこの時期の発表には、売名行為という見方もあるが

 新垣氏「やはり、高橋選手に偽りの状況のまま踊っていただくことは、非常によくないことではないかと思いました」

 〈報道陣からは、佐村河内さんが実際に障害者手帳を持っているかどうかの追及があった〉

 --佐原河内さんの障害者手帳などを見たことあるか

 新垣氏「一度だけ見せられたものはあります。手帳です。何級かは記憶にありません。時期は、彼が、自分の耳が聞こえないと世間に、そのようなスタンスをとった直後です」 

 --彼が35歳のときか

 新垣氏「そこらあたりだと思います」

【詳報07】 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020616390010-n1.htm
 〈佐村河内さんがどのような心中で自身を「偽って」いたのか-。質問は、新垣氏から見た佐村河内さんの「内面」に入り込んでいく〉

 --佐村河内さんは、具体的にどう作曲に関わっていたのか

 新垣氏「私が音楽の断片のようなものをいくつか提示し、譜面を書き、ピアノに録音する。それを彼が聞き、彼がいくつか選んだ断片をもとに、あとは私が作曲、全体を構成する-というプロセスでした」

 --譜面上のやりとりではなく、実際にピアノを聞かせて、やりとりがあった

 新垣氏「はい」

 --障害者手帳は、詐取しているということなのか

 新垣氏「私は彼と普通のやり取りをしていました」

 --障害者ではないと

 新垣氏「そう思います。それは違うのではないかと思います」

 --であれば、佐村河内さんはなぜそういうことをしていた。本人の口からはどういう説明があったのか

 新垣氏「最初は私に対しても、耳が悪い状況である、ということを示していたのですが、やりとりをしているうちに(もとに)戻ってきました」

 --佐村河内さんは、偽りを「隠す」理由についてはどう説明していたのか

 新垣氏「耳が聞こえないということを示すための、外に向けての行為をしていたのだと思います」

 --佐村河内さんは真実を隠した方が、CDを売れるんじゃないか? といったことは言っていたのか

 新垣氏「『これからはそういう形でいく』ということを聞いたことはあります」

 --それはいつか

 新垣氏「ゲーム音楽が発表された後です」

 --福島県本吉町が佐村河内氏に依頼し、東日本大震災の3年イベントで初披露する楽曲があると聞いている。これも新垣氏が作曲したのか

 新垣氏「それは初めて聞きました。私は関わっていません」

 --著作権はいつ放棄するのか

 新垣氏「高橋(大輔)選手があの曲で演技できるための詳しい手続きは分かりませんが、それは実現されなければならないので、手続きが必要であれば絶対しないといけないと思っています」

 --世に出した楽曲の中で、新垣氏が作った記憶のないものはあるのか

 新垣氏「先ほどの(福島に関する)曲は私は知りませんでした。自分の認識のなかでは彼のほぼすべての曲を自分が担当しています」

 --ほかにゴーストライターはいないという認識か

 新垣氏「私はそう思っております」

 --作曲の報酬面で不満に感じたことはあったか。また、佐村河内氏との間で、金銭面でのトラブルはあったのか

 新垣氏「私が譜面を作り、報酬を受け取る形はまったく自然なものと自分では思っていました。そして、彼がそれ(楽曲)を受け取った後は、もう、彼のものなわけですから、彼がどのように扱ってもいいということだと思っています。ですので、その後についてのことについては私は一切タッチしたくないという気持ちがありました。金銭トラブルというものはなかったと思います」

 --CDの回収などでレコード会社などに生じた金銭的損害についてはどう処理するのか

 新垣氏「どのような形で償えばいいのかということは分かっておりません」

 〈18年にわたって佐村河内さんと「共犯関係」を続けてきたという新垣氏。その奇妙な2人の関係の「本質」に記者の興味は向いた〉

 --ゴーストライターに徹していたとしても、18年はあまりに長い。佐村河内氏との間に友情はあったのか。それとも佐村河内氏が変わっていったのか

 新垣氏「最初お会いしたとき、彼は自分が撮った映画で自分のアイデアを実現したいという気持ちがあった。そのために、彼は実際の音楽の予算を大幅に超えたお金を自分で出して、メンバーを雇い、スタジオを借り、私が協力して作っていった。彼は(当時)自分のやりたいことを実現させるためにがんばったのだと思います。そのような点では、偉いなと思っていた。彼が変質したかどうか。それは私は、そんなに感じてはいなかったかもしれません。彼とは基本的に、依頼をし、譜面を作り、渡すというやり取りだけの関係を保っていました。その中で、彼の情熱と私の情熱が、共感しあえたときはあったと思っています」

【詳報08】 http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140206/ent14020617230011-n1.htm
 〈会見も終盤を迎え、新垣氏には疲れの表情も浮かび始めた〉

 --新垣さんは、佐村河内氏の欺く行為を止めることができる立場にいた

 新垣氏「やめたいと直接言ったのは、実は最近になるわけです。去年のことです。それまで彼にはっきりと自分の意志を伝えたことはなかったんです。彼から依頼があれば、受けるということをごく普通に続けていました」

 --そうした環境の方が、自身で曲を発表するより曲に注目が集まるという認識か

 新垣氏「私はゴーストライターとしての役割を果たすためには、やはりそれが知られてはならないので、なるべくそれがやりやすいような状況を望んだのは否めません」

 --今回、佐村河内さんは芸術的な共作者という位置づけか。それとも、仕事を取ってきて、世間に売り出してくれるプロデューサーという認識だったか

 新垣氏「彼は、実質的にはプロデューサーであったと思います。アイデアを私が実現する。ただ、それを彼が自分のキャラクターを作り、世に出したということ。彼のイメージをつくるために、私は協力をしたということだと思います」

 --実際彼は譜面をかけたのか

 新垣氏「書けません」

 --広島の被爆者の方についてどう思うか

 新垣氏「音楽とは別に、広島の被爆者の方々に対する思いはございます。それを音楽で表現をするということもあるかもしれません。あるいは、被爆された方への思いが、もしかしたら音楽に与える影響もあるかもしれません。今それは非常にあいまいです。はっきりメッセージ性を持たせて作るというやり方は私自身はあまり、自分の名前で出すときはとっておりません」

 --「ゴーストライターが前に出てはいけない」と先ほどおっしゃっていた。とはいえ、これだけご自身の曲が評価されると、自分が書いたといいたくなると思う。葛藤はあったか

 新垣氏「自分の作品が演奏されて、多くの方々が聞いてくださるということは、非常にうれしいことでした。なのですが、この場合は、それをどう自分の中で受け止めていいのかということは、ちょっと分かりませんでした」

 --高橋選手が「ソナチネ」をやることをどういう経緯で知ったか

 新垣氏「私はそのことを知ったのは、おそらくずいぶん後のことだと思います。発表されてから、何となく聞こえてきたということでした。テレビの報道です」

 --高橋選手が「曲目を変更しない」と発表したときの気持ちは

 新垣氏「高橋選手があの曲を選んでくださったというのは、私にとって大きな喜びでした。そして、高橋選手がこのような事態にも関わらず、なおこの曲を選んで下さり、その曲で踊ってくださることを聞きまして、非常にうれしく思いました」

 --今後何らかの裁判を起こす可能性と、これまで発表されたCDの名義変更については考えているか

 新垣氏「今まで彼の名義で発表されたものは、もうそういうものだと私はおもっています」

 --裁判を起こす考えは

 新垣氏「私の方からは考えておりません」

 --このまま佐村河内氏個人の名前で残っていいということか

 新垣氏「それで皆様が納得されるかは分かりませんので、それはお答えできません」

 〈その後、週刊文春に記事を寄せた神山典士氏があいさつ。「義手のバイオリニスト」が「ソナチネ」を演奏する映像が会場に流れ、新垣氏はそれを見ていた。激しいフラッシュがたかれるなか、新垣氏は伏し目がちに会場を後にした〉

遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する特別抗告事件(平成24(ク)984)

平成24年(ク)第984号,第985号 遺産分割審判に対する抗告棄却決定に対する特別抗告事件 平成25年9月4日 大法廷決定

主 文
原決定を破棄する。
本件を東京高等裁判所に差し戻す。

理 由
抗告人Y1の抗告理由第1及び抗告人Y2の代理人小田原昌行,同鹿田昌,同柳生由紀子の抗告理由3(2)について
1 事案の概要等
本件は,平成13年7月▲▲日に死亡したAの遺産につき,Aの嫡出である子(その代襲相続人を含む。)である相手方らが,Aの嫡出でない子である抗告人らに対し,遺産の分割の審判を申し立てた事件である。
原審は,民法900条4号ただし書の規定のうち嫡出でない子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1とする部分(以下,この部分を「本件規定」という。)は憲法14条1項に違反しないと判断し,本件規定を適用して算出された相手方ら及び抗告人らの法定相続分を前提に,Aの遺産の分割をすべきものとした。
論旨は,本件規定は憲法14条1項に違反し無効であるというものである。
2 憲法14条1項適合性の判断基準について
憲法14条1項は,法の下の平等を定めており,この規定が,事柄の性質に応じた合理的な根拠に基づくものでない限り,法的な差別的取扱いを禁止する趣旨のものであると解すべきことは,当裁判所の判例とするところである(最高裁昭和37年(オ)第1472号同39年5月27日大法廷判決・民集18巻4号676頁,最高裁昭和45年(あ)第1310号同48年4月4日大法廷判決・刑集27巻3号265頁等)。
相続制度は,被相続人の財産を誰に,どのように承継させるかを定めるものであるが,相続制度を定めるに当たっては,それぞれの国の伝統,社会事情,国民感情なども考慮されなければならない。さらに,現在の相続制度は,家族というものをどのように考えるかということと密接に関係しているのであって,その国における婚姻ないし親子関係に対する規律,国民の意識等を離れてこれを定めることはできない。これらを総合的に考慮した上で,相続制度をどのように定めるかは,立法府の合理的な裁量判断に委ねられているものというべきである。この事件で問われているのは,このようにして定められた相続制度全体のうち,本件規定により嫡出子と嫡出でない子との間で生ずる法定相続分に関する区別が,合理的理由のない差別的取扱いに当たるか否かということであり,立法府に与えられた上記のような裁量権を考慮しても,そのような区別をすることに合理的な根拠が認められない場合には,当該区別は,憲法14条1項に違反するものと解するのが相当である。
3 本件規定の憲法14条1項適合性について
(1) 憲法24条1項は,「婚姻は,両性の合意のみに基いて成立し,夫婦が同等の権利を有することを基本として,相互の協力により,維持されなければならない。」と定め,同条2項は,「配偶者の選択,財産権,相続,住居の選定,離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては,法律は,個人の尊厳と両性の本質的平等に立脚して,制定されなければならない。」と定めている。これを受けて,民法739条1項は,「婚姻は,戸籍法(中略)の定めるところにより届け出ることによって,その効力を生ずる。」と定め,いわゆる事実婚主義を排して法律婚主義を採用している。一方,相続制度については,昭和22年法律第222号による民法の一部改正(以下「昭和22年民法改正」という。)により,「家」制度を支えてきた家督相続が廃止され,配偶者及び子が相続人となることを基本とする現在の相続制度が導入されたが,家族の死亡によって開始する遺産相続に関し嫡出でない子の法定相続分を嫡出子のそれの2分の1とする規定(昭和22年民法改正前の民法1004条ただし書)は,本件規定として現行民法にも引き継がれた。
(2) 最高裁平成3年(ク)第143号同7年7月5日大法廷決定・民集49巻7号1789頁(以下「平成7年大法廷決定」という。)は,本件規定を含む法定相続分の定めが,法定相続分のとおりに相続が行われなければならないことを定めたものではなく,遺言による相続分の指定等がない場合などにおいて補充的に機能する規定であることをも考慮事情とした上,前記2と同旨の判断基準の下で,嫡出でない子の法定相続分を嫡出子のそれの2分の1と定めた本件規定につき,「民法が法律婚主義を採用している以上,法定相続分は婚姻関係にある配偶者とその子を優遇してこれを定めるが,他方,非嫡出子にも一定の法定相続分を認めてその保護を図ったものである」とし,その定めが立法府に与えられた合理的な裁量判断の限界を超えたものということはできないのであって,憲法14条1項に反するものとはいえないと判断した。
しかし,法律婚主義の下においても,嫡出子と嫡出でない子の法定相続分をどのように定めるかということについては,前記2で説示した事柄を総合的に考慮して決せられるべきものであり,また,これらの事柄は時代と共に変遷するものでもあるから,その定めの合理性については,個人の尊厳と法の下の平等を定める憲法に照らして不断に検討され,吟味されなければならない。
(3) 前記2で説示した事柄のうち重要と思われる事実について,昭和22年民法改正以降の変遷等の概要をみると,次のとおりである。
ア 昭和22年民法改正の経緯をみると,その背景には,「家」制度を支えてきた家督相続は廃止されたものの,相続財産は嫡出の子孫に承継させたいとする気風や,法律婚を正当な婚姻とし,これを尊重し,保護する反面,法律婚以外の男女関係,あるいはその中で生まれた子に対する差別的な国民の意識が作用していたことがうかがわれる。また,この改正法案の国会審議においては,本件規定の憲法14条1項適合性の根拠として,嫡出でない子には相続分を認めないなど嫡出子と嫡出でない子の相続分に差異を設けていた当時の諸外国の立法例の存在が繰り返し挙げられており,現行民法に本件規定を設けるに当たり,上記諸外国の立法例が影響を与えていたことが認められる。
しかし,昭和22年民法改正以降,我が国においては,社会,経済状況の変動に伴い,婚姻や家族の実態が変化し,その在り方に対する国民の意識の変化も指摘されている。すなわち,地域や職業の種類によって差異のあるところであるが,要約すれば,戦後の経済の急速な発展の中で,職業生活を支える最小単位として,夫婦と一定年齢までの子どもを中心とする形態の家族が増加するとともに,高齢化の進展に伴って生存配偶者の生活の保障の必要性が高まり,子孫の生活手段としての意義が大きかった相続財産の持つ意味にも大きな変化が生じた。昭和55年法律第51号による民法の一部改正により配偶者の法定相続分が引き上げられるなどしたのは,このような変化を受けたものである。さらに,昭和50年代前半頃までは減少傾向にあった嫡出でない子の出生数は,その後現在に至るまで増加傾向が続いているほか,平成期に入った後においては,いわゆる晩婚化,非婚化,少子化が進み,これに伴って中高年の未婚の子どもがその親と同居する世帯や単独世帯が増加しているとともに,離婚件数,特に未成年の子を持つ夫婦の離婚件数及び再婚件数も増加するなどしている。これらのことから,婚姻,家族の形態が著しく多様化しており,これに伴い,婚姻,家族の在り方に対する国民の意識の多様化が大きく進んでいることが指摘されている。
イ 前記アのとおり本件規定の立法に影響を与えた諸外国の状況も,大きく変化してきている。すなわち,諸外国,特に欧米諸国においては,かつては,宗教上の理由から嫡出でない子に対する差別の意識が強く,昭和22年民法改正当時は,多くの国が嫡出でない子の相続分を制限する傾向にあり,そのことが本件規定の立法に影響を与えたところである。しかし,1960年代後半(昭和40年代前半)以降,これらの国の多くで,子の権利の保護の観点から嫡出子と嫡出でない子との平等化が進み,相続に関する差別を廃止する立法がされ,平成7年大法廷決定時点でこの差別が残されていた主要国のうち,ドイツにおいては1998年(平成10年)の「非嫡出子の相続法上の平等化に関する法律」により,フランスにおいては2001年(平成13年) の「生存配偶者及び姦生子の権利並びに相続法の諸規定の現代化に関する法律」により,嫡出子と嫡出でない子の相続分に関する差別がそれぞれ撤廃されるに至っている。現在,我が国以外で嫡出子と嫡出でない子の相続分に差異を設けている国は,欧米諸国にはなく,世界的にも限られた状況にある。
ウ 我が国は,昭和54年に「市民的及び政治的権利に関する国際規約」(昭和54年条約第7号)を,平成6年に「児童の権利に関する条約」(平成6年条約第2号)をそれぞれ批准した。これらの条約には,児童が出生によっていかなる差別も受けない旨の規定が設けられている。また,国際連合の関連組織として,前者の条約に基づき自由権規約委員会が,後者の条約に基づき児童の権利委員会が設置されており,これらの委員会は,上記各条約の履行状況等につき,締約国に対し,意見の表明,勧告等をすることができるものとされている。
我が国の嫡出でない子に関する上記各条約の履行状況等については,平成5年に自由権規約委員会が,包括的に嫡出でない子に関する差別的規定の削除を勧告し,その後,上記各委員会が,具体的に本件規定を含む国籍,戸籍及び相続における差別的規定を問題にして,懸念の表明,法改正の勧告等を繰り返してきた。最近でも,平成22年に,児童の権利委員会が,本件規定の存在を懸念する旨の見解を改めて示している。
エ 前記イ及びウのような世界的な状況の推移の中で,我が国における嫡出子と嫡出でない子の区別に関わる法制等も変化してきた。すなわち,住民票における世帯主との続柄の記載をめぐり,昭和63年に訴訟が提起され,その控訴審係属中である平成6年に,住民基本台帳事務処理要領の一部改正(平成6年12月15日自治振第233号)が行われ,世帯主の子は,嫡出子であるか嫡出でない子であるかを区別することなく,一律に「子」と記載することとされた。また,戸籍における嫡出でない子の父母との続柄欄の記載をめぐっても,平成11年に訴訟が提起され,その第1審判決言渡し後である平成16年に,戸籍法施行規則の一部改正(平成16年法務省令第76号)が行われ,嫡出子と同様に「長男(長女)」等と記載することとされ,既に戸籍に記載されている嫡出でない子の父母との続柄欄の記載も,通達(平成16年11月1日付け法務省民一第3008号民事局長通達)により,当該記載を申出により上記のとおり更正することとされた。さらに,最高裁平成18年(行ツ)第135号同20年6月4日大法廷判決・民集62巻6号1367頁は,嫡出でない子の日本国籍の取得につき嫡出子と異なる取扱いを定めた国籍法3条1項の規定(平成20年法律第88号による改正前のもの)が遅くとも平成15年当時において憲法14条1項に違反していた旨を判示し,同判決を契機とする国籍法の上記改正に際しては,同年以前に日本国籍取得の届出をした嫡出でない子も日本国籍を取得し得ることとされた。
オ 嫡出子と嫡出でない子の法定相続分を平等なものにすべきではないかとの問題についても,かなり早くから意識されており,昭和54年に法務省民事局参事官室により法制審議会民法部会身分法小委員会の審議に基づくものとして公表された「相続に関する民法改正要綱試案」において,嫡出子と嫡出でない子の法定相続分を平等とする旨の案が示された。また,平成6年に同じく上記小委員会の審議に基づくものとして公表された「婚姻制度等に関する民法改正要綱試案」及びこれを更に検討した上で平成8年に法制審議会が法務大臣に答申した「民法の一部を改正する法律案要綱」において,両者の法定相続分を平等とする旨が明記された。さらに,平成22年にも国会への提出を目指して上記要綱と同旨の法律案が政府により準備された。もっとも,いずれも国会提出には至っていない。
カ 前記ウの各委員会から懸念の表明,法改正の勧告等がされた点について同エのとおり改正が行われた結果,我が国でも,嫡出子と嫡出でない子の差別的取扱いはおおむね解消されてきたが,本件規定の改正は現在においても実現されていない。その理由について考察すれば,欧米諸国の多くでは,全出生数に占める嫡出でない子の割合が著しく高く,中には50%以上に達している国もあるのとは対照的に,我が国においては,嫡出でない子の出生数が年々増加する傾向にあるとはいえ,平成23年でも2万3000人余,上記割合としては約2.2%にすぎないし,婚姻届を提出するかどうかの判断が第1子の妊娠と深く結び付いているとみられるなど,全体として嫡出でない子とすることを避けようとする傾向があること,換言すれば,家族等に関する国民の意識の多様化がいわれつつも,法律婚を尊重する意識は幅広く浸透しているとみられることが,上記理由の一つではないかと思われる。
しかし,嫡出でない子の法定相続分を嫡出子のそれの2分の1とする本件規定の合理性は,前記2及び(2)で説示したとおり,種々の要素を総合考慮し,個人の尊厳と法の下の平等を定める憲法に照らし,嫡出でない子の権利が不当に侵害されているか否かという観点から判断されるべき法的問題であり,法律婚を尊重する意識が幅広く浸透しているということや,嫡出でない子の出生数の多寡,諸外国と比較した出生割合の大小は,上記法的問題の結論に直ちに結び付くものとはいえない。
キ 当裁判所は,平成7年大法廷決定以来,結論としては本件規定を合憲とする判断を示してきたものであるが,平成7年大法廷決定において既に,嫡出でない子の立場を重視すべきであるとして5名の裁判官が反対意見を述べたほかに,婚姻,親子ないし家族形態とこれに対する国民の意識の変化,更には国際的環境の変化を指摘して,昭和22年民法改正当時の合理性が失われつつあるとの補足意見が述べられ,その後の小法廷判決及び小法廷決定においても,同旨の個別意見が繰り返し述べられてきた(最高裁平成11年(オ)第1453号同12年1月27日第一小法廷判決・裁判集民事196号251頁,最高裁平成14年(オ)第1630号同15年3月28日第二小法廷判決・裁判集民事209号347頁,最高裁平成14年(オ)第1963号同15年3月31日第一小法廷判決・裁判集民事209号397頁,最高裁平成16年(オ)第992号同年10月14日第一小法廷判決・裁判集民事215号253頁,最高裁平成20年(ク)第1193号同21年9月30日第二小法廷決定・裁判集民事231号753頁等)。特に,前掲最高裁平成15年3月31日第一小法廷判決以降の当審判例は,その補足意見の内容を考慮すれば,本件規定を合憲とする結論を辛うじて維持したものとみることができる。
ク 前記キの当審判例の補足意見の中には,本件規定の変更は,相続,婚姻,親子関係等の関連規定との整合性や親族・相続制度全般に目配りした総合的な判断が必要であり,また,上記変更の効力発生時期ないし適用範囲の設定も慎重に行うべきであるとした上,これらのことは国会の立法作用により適切に行い得る事柄である旨を述べ,あるいは,速やかな立法措置を期待する旨を述べるものもある。
これらの補足意見が付されたのは,前記オで説示したように,昭和54年以降間けつ的に本件規定の見直しの動きがあり,平成7年大法廷決定の前後においても法律案要綱が作成される状況にあったことなどが大きく影響したものとみることもできるが,いずれにしても,親族・相続制度のうちどのような事項が嫡出でない子の法定相続分の差別の見直しと関連するのかということは必ずしも明らかではなく,嫡出子と嫡出でない子の法定相続分を平等とする内容を含む前記オの要綱及び法律案においても,上記法定相続分の平等化につき,配偶者相続分の変更その他の関連する親族・相続制度の改正を行うものとはされていない。そうすると,関連規定との整合性を検討することの必要性は,本件規定を当然に維持する理由とはならないというべきであって,上記補足意見も,裁判において本件規定を違憲と判断することができないとする趣旨をいうものとは解されない。また,裁判において本件規定を違憲と判断しても法的安定性の確保との調和を図り得ることは,後記4で説示するとおりである。
なお,前記(2)のとおり,平成7年大法廷決定においては,本件規定を含む法定相続分の定めが遺言による相続分の指定等がない場合などにおいて補充的に機能する規定であることをも考慮事情としている。しかし,本件規定の補充性からすれば,嫡出子と嫡出でない子の法定相続分を平等とすることも何ら不合理ではないといえる上,遺言によっても侵害し得ない遺留分については本件規定は明確な法律上の差別というべきであるとともに,本件規定の存在自体がその出生時から嫡出でない子に対する差別意識を生じさせかねないことをも考慮すれば,本件規定が上記のように補充的に機能する規定であることは,その合理性判断において重要性を有しないというべきである。
(4) 本件規定の合理性に関連する以上のような種々の事柄の変遷等は,その中のいずれか一つを捉えて,本件規定による法定相続分の区別を不合理とすべき決定的な理由とし得るものではない。しかし,昭和22年民法改正時から現在に至るまでの間の社会の動向,我が国における家族形態の多様化やこれに伴う国民の意識の変化,諸外国の立法のすう勢及び我が国が批准した条約の内容とこれに基づき設置された委員会からの指摘,嫡出子と嫡出でない子の区別に関わる法制等の変化,更にはこれまでの当審判例における度重なる問題の指摘等を総合的に考察すれば,家族という共同体の中における個人の尊重がより明確に認識されてきたことは明らかであるといえる。そして,法律婚という制度自体は我が国に定着しているとしても,上記のような認識の変化に伴い,上記制度の下で父母が婚姻関係になかったという,子にとっては自ら選択ないし修正する余地のない事柄を理由としてその子に不利益を及ぼすことは許されず,子を個人として尊重し,その権利を保障すべきであるという考えが確立されてきているものということができる。
以上を総合すれば,遅くともAの相続が開始した平成13年7月当時においては,立法府の裁量権を考慮しても,嫡出子と嫡出でない子の法定相続分を区別する合理的な根拠は失われていたというべきである。
したがって,本件規定は,遅くとも平成13年7月当時において,憲法14条1項に違反していたものというべきである。
4 先例としての事実上の拘束性について
本決定は,本件規定が遅くとも平成13年7月当時において憲法14条1項に違反していたと判断するものであり,平成7年大法廷決定並びに前記3(3)キの小法廷判決及び小法廷決定が,それより前に相続が開始した事件についてその相続開始時点での本件規定の合憲性を肯定した判断を変更するものではない。
他方,憲法に違反する法律は原則として無効であり,その法律に基づいてされた行為の効力も否定されるべきものであることからすると,本件規定は,本決定により遅くとも平成13年7月当時において憲法14条1項に違反していたと判断される以上,本決定の先例としての事実上の拘束性により,上記当時以降は無効であることとなり,また,本件規定に基づいてされた裁判や合意の効力等も否定されることになろう。しかしながら,本件規定は,国民生活や身分関係の基本法である民法の一部を構成し,相続という日常的な現象を規律する規定であって,平成13年7月から既に約12年もの期間が経過していることからすると,その間に,本件規定の合憲性を前提として,多くの遺産の分割が行われ,更にそれを基に新たな権利関係が形成される事態が広く生じてきていることが容易に推察される。取り分け,本決定の違憲判断は,長期にわたる社会状況の変化に照らし,本件規定がその合理性を失ったことを理由として,その違憲性を当裁判所として初めて明らかにするものである。それにもかかわらず,本決定の違憲判断が,先例としての事実上の拘束性という形で既に行われた遺産の分割等の効力にも影響し,いわば解決済みの事案にも効果が及ぶとすることは,著しく法的安定性を害することになる。法的安定性は法に内在する普遍的な要請であり,当裁判所の違憲判断も,その先例としての事実上の拘束性を限定し,法的安定性の確保との調和を図ることが求められているといわなければならず,このことは,裁判において本件規定を違憲と判断することの適否という点からも問題となり得るところといえる(前記3(3)ク参照)。
以上の観点からすると,既に関係者間において裁判,合意等により確定的なものとなったといえる法律関係までをも現時点で覆すことは相当ではないが,関係者間の法律関係がそのような段階に至っていない事案であれば,本決定により違憲無効とされた本件規定の適用を排除した上で法律関係を確定的なものとするのが相当であるといえる。そして,相続の開始により法律上当然に法定相続分に応じて分割される可分債権又は可分債務については,債務者から支払を受け,又は債権者に弁済をするに当たり,法定相続分に関する規定の適用が問題となり得るものであるから,相続の開始により直ちに本件規定の定める相続分割合による分割がされたものとして法律関係が確定的なものとなったとみることは相当ではなく,その後の関係者間での裁判の終局,明示又は黙示の合意の成立等により上記規定を改めて適用する必要がない状態となったといえる場合に初めて,法律関係が確定的なものとなったとみるのが相当である。
したがって,本決定の違憲判断は,Aの相続の開始時から本決定までの間に開始された他の相続につき,本件規定を前提としてされた遺産の分割の審判その他の裁判,遺産の分割の協議その他の合意等により確定的なものとなった法律関係に影響を及ぼすものではないと解するのが相当である。
5 結論
以上によれば,平成13年7月▲▲日に開始したAの相続に関しては,本件規定は,憲法14条1項に違反し無効でありこれを適用することはできないというべきである。これに反する原審の前記判断は,同項の解釈を誤るものであって是認することができない。論旨は理由があり,その余の論旨について判断するまでもなく原決定は破棄を免れない。そして,更に審理を尽くさせるため,本件を原審に差し戻すこととする。
よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり決定する。なお,裁判官金築誠志,同千葉勝美,同岡部喜代子の各補足意見がある。
裁判官金築誠志の補足意見は,次のとおりである。
法廷意見のうち本決定の先例としての事実上の拘束性に関する判示は,これまでの当審の判例にはなかったもので,将来にわたり一般的意義を有し,種々議論があり得ると思われるので,私の理解するところを述べておくこととしたい。
本決定のような考え方が,いかにして可能であるのか。この問題を検討するに当たっては,我が国の違憲審査制度において確立した原則である,いわゆる付随的違憲審査制と違憲判断に関する個別的効力説を前提とすべきであろう。
付随的違憲審査制は,当該具体的事案の解決に必要な限りにおいて法令の憲法適合性判断を行うものであるところ,本件の相続で問題とされているのは,同相続の開始時に実体的な効力を生じさせている法定相続分の規定であるから,その審査は,同相続が開始した時を基準として行うべきである。本決定も,本件の相続が開始した当時を基準として,本件規定の憲法適合性を判断している。
また,個別的効力説では,違憲判断は当該事件限りのものであって,最高裁判所の違憲判断といえども,違憲とされた規定を一般的に無効とする効力がないから,立法により当該規定が削除ないし改正されない限り,他の事件を担当する裁判所は,当該規定の存在を前提として,改めて憲法判断をしなければならない。個別的効力説における違憲判断は,他の事件に対しては,先例としての事実上の拘束性しか有しないのである。とはいえ,遅くとも本件の相続開始当時には本件規定は憲法14条1項に違反するに至っていた旨の判断が最高裁判所においてされた以上,法の平等な適用という観点からは,それ以降の相続開始に係る他の事件を担当する裁判所は,同判断に従って本件規定を違憲と判断するのが相当であることになる。その意味において,本決定の違憲判断の効果は,遡及するのが原則である。
しかし,先例としての事実上の拘束性は,同種の事件に同一の解決を与えることにより,法の公平・平等な適用という要求に応えるものであるから,憲法14条1項の平等原則が合理的な理由による例外を認めるのと同様に,合理的な理由に基づく例外が許されてよい。また,先例としての事実上の拘束性は,同種の事件に同一の解決を与えることによって,法的安定性の実現を図るものでもあるところ,拘束性を認めることが,かえって法的安定性を害するときは,その役割を後退させるべきであろう。本決定の違憲判断により,既に行われた遺産分割等の効力が影響を受けるものとすることが,著しく法的安定性を害することについては,法廷意見の説示するとおりであるが,特に,従来の最高裁判例が合憲としてきた法令について違憲判断を行うという本件のような場合にあっては,従来の判例に依拠して行われてきた行為の効力を否定することは,法的安定性を害する程度が更に大きい。
遡及効を制限できるか否かは,裁判所による法の解釈が,正しい法の発見にとどまるのか,法の創造的機能を持つのかという問題に関連するところが大きいとの見解がある。確かに,当該事件を離れて,特定の法解釈の適用範囲を決定する行為は,立法に類するところがあるといわなければならない。裁判所による法解釈は正しい法の発見にとどまると考えれば,遡及効の制限についても否定的な見解に傾くことになろう。そもそも,他の事件に対する法適用の在り方について判示することの当否を問題にする向きもあるかもしれない。
しかし,本決定のこの点に関する判示は,予測される混乱を回避する方途を示すことなく本件規定を違憲と判断することは相当でないという見地からなされたものと解されるのであって,違憲判断と密接に関連しているものであるから,単なる傍論と評価すべきではない。また,裁判所による法解釈は正しい法の発見にとどまるという考え方については,法解釈の実態としては,事柄により程度・態様に違いはあっても,通常,何ほどかの法創造的な側面を伴うことは避け難いと考えられるのであって,裁判所による法解釈の在り方を上記のように限定することは,相当とは思われない。コモン・ローの伝統を受け継ぐ米国においても,判例の不遡及的変更を認めている。
また,判例の不遡及的変更は,憲法判断の場合に限られる問題ではないが,法令の規定に関する憲法判断の変更において,法的安定性の確保の要請が,より深刻かつ広範な問題として現出することは,既に述べたとおりである。法令の違憲審査については,その影響の大きさに鑑み,法令を合憲的に限定解釈するなど,謙抑的な手法がとられることがあるが,遡及効の制限をするのは,違憲判断の及ぶ範囲を限定しようというものであるから,違憲審査権の謙抑的な行使と見ることも可能であろう。
いずれにしても,違憲判断は個別的効力しか有しないのであるから,その判断の遡及効に関する判示を含めて,先例としての事実上の拘束性を持つ判断として,他の裁判所等により尊重され,従われることによって効果を持つものである。その意味でも,立法とは異なるのであるが,実際上も,今後どのような形で関連する紛争が生ずるかは予測しきれないところがあり,本決定は,違憲判断の効果の及ばない場合について,網羅的に判示しているわけでもない。各裁判所は,本決定の判示を指針としつつも,違憲判断の要否等も含めて,事案の妥当な解決のために適切な判断を行っていく必要があるものと考える。
裁判官千葉勝美の補足意見は,次のとおりである。
私は,法廷意見における本件の違憲判断の遡及効に係る判示と違憲審査権との関係について,若干の所見を補足しておきたい。
1 法廷意見は,本件規定につき,遅くとも本件の相続が発生した当時において違憲であり,それ以降は無効であるとしたが,本決定の違憲判断の先例としての事実上の拘束性の点については,法的安定性を害することのないよう,既に解決した形となっているものには及ばないとして,その効果の及ぶ範囲を一定程度に制限する判示(以下「本件遡及効の判示」という。)をしている。
この判示については,我が国の最高裁判所による違憲審査権の行使が,いわゆる付随的審査制を採用し,違憲判断の効力については個別的効力説とするのが一般的な理解である以上,本件の違憲判断についての遡及効の有無,範囲等を,それが先例としての事実上の拘束性という形であったとしても,対象となる事件の処理とは離れて,他の同種事件の今後の処理の在り方に関わるものとしてあらかじめ示すことになる点で異例ともいえるものである。しかし,これは,法令を違憲無効とすることは通常はそれを前提に築き上げられてきた多くの法律関係等を覆滅させる危険を生じさせるため,そのような法的安定性を大きく阻害する事態を避けるための措置であって,この点の配慮を要する事件において,最高裁判所が法令を違憲無効と判断する際には,基本的には常に必要不可欠な説示というべきものである。その意味で,本件遡及効の判示は,いわゆる傍論( obiter dictum)ではなく,判旨(ratio decidendi)として扱うべきものである。
2 次に,違憲無効とされた法令について立法により廃止措置を行う際には,廃止を定める改正法の施行時期や経過措置について,法的安定性を覆すことの弊害等を考慮して,改正法の附則の規定によって必要な手当を行うことが想定されるところであるが,本件遡及効の判示は,この作用(立法による改正法の附則による手当)と酷似しており,司法作用として可能かどうか,あるいは適当かどうかが問題とされるおそれがないわけではない。
憲法が最高裁判所に付与した違憲審査権は,法令をも対象にするため,それが違憲無効との判断がされると,個別的効力説を前提にしたとしても,先例としての事実上の拘束性が広く及ぶことになるため,そのままでは法的安定性を損なう事態が生ずることは当然に予想されるところである。そのことから考えると,このような事態を避けるため,違憲判断の遡及効の有無,時期,範囲等を一定程度制限するという権能,すなわち,立法が改正法の附則でその施行時期等を定めるのに類した作用も,違憲審査権の制度の一部として当初から予定されているはずであり,本件遡及効の判示は,最高裁判所の違憲審査権の行使に性質上内在する,あるいはこれに付随する権能ないし制度を支える原理,作用の一部であって,憲法は,これを違憲審査権行使の司法作用としてあらかじめ承認しているものと考えるべきである。
裁判官岡部喜代子の補足意見は,次のとおりである。
本件の事案に鑑み,本件規定の憲法適合性の問題と我が国における法律婚を尊重する意識との関係について,若干補足する。
1 平成7年大法廷決定は,民法が法律婚主義を採用した結果婚姻から出生した嫡出子と嫡出でない子の区別が生じ,親子関係の成立などにつき異なった規律がされてもやむを得ないと述べる。親子の成立要件について,妻が婚姻中に懐胎した子については何らの手続なくして出生と同時にその夫が父である嫡出子と法律上推定されるのであり(民法772条),この点で,認知により父子関係が成立する嫡出でない子と異なるところ,その区別は婚姻関係に根拠を置くものであって合理性を有するといえる。しかし,相続分の定めは親子関係の効果の問題であるところ,婚姻関係から出生した嫡出子を嫡出でない子より優遇すべきであるとの結論は,上記親子関係の成立要件における区別に根拠があるというような意味で論理的に当然であると説明できるものではない。
婚姻の尊重とは嫡出子を含む婚姻共同体の尊重であり,その尊重は当然に相続分における尊重を意味するとの見解も存在する。しかし,法廷意見が説示するとおり,相続制度は様々な事柄を総合考慮して定められるものであり,それらの事柄は時代と共に変遷するものである以上,仮に民法が婚姻について上記のような見解を採用し,本件規定もその一つの表れであるとしても,相続における婚姻共同体の尊重を,被相続人の嫡出でない子との関係で嫡出子の相続分を優遇することによって貫くことが憲法上許容されるか否かについては,不断に検討されなければならないことである。
2 夫婦及びその間の子を含む婚姻共同体の保護という考え方の実質上の根拠として,婚姻期間中に婚姻当事者が得た財産は実質的には婚姻共同体の財産であって本来その中に在る嫡出子に承継されていくべきものであるという見解が存在する。確かに,夫婦は婚姻共同体を維持するために働き,婚姻共同体を維持するために協力するのであり(夫婦については法的な協力扶助義務がある。),その協力は長期にわたる不断の努力を必要とするものといえる。社会的事実としても,多くの場合,夫婦は互いに,生計を維持するために働き,家事を負担し,親戚付き合いや近所付き合いを行うほか様々な雑事をこなし,あるいは,長期間の肉体的,経済的負担を伴う育児を行い,高齢となった親その他の親族の面倒を見ることになる場合もある。嫡出子はこの夫婦の協力により扶養され養育されて成長し,そして子自身も夫婦間の協力と性質・程度は異なるものの事実上これらに協力するのが通常であろう。
これが,基本的に我が国の一つの家族像として考えられてきたものであり,こうした家族像を基盤として,法律婚を尊重する意識が広く共有されてきたものということができるであろう。平成7年大法廷決定が対象とした相続の開始時点である昭和63年当時においては,上記のような家族像が広く浸透し,本件規定の合理性を支えていたものと思われるが,現在においても,上記のような家族像はなお一定程度浸透しているものと思われ,そのような状況の下において,婚姻共同体の構成員が,そこに属さない嫡出でない子の相続分を上記構成員である嫡出子と同等とすることに否定的な感情を抱くことも,理解できるところである。
しかし,今日種々の理由によって上記のような家族像に変化が生じていることは法廷意見の指摘するとおりである。同時に,嫡出でない子は,生まれながらにして選択の余地がなく上記のような婚姻共同体の一員となることができない。もちろん,法律婚の形をとらないという両親の意思によって,実態は婚姻共同体とは異ならないが嫡出子となり得ないという場合もないではないが,多くの場合は,婚姻共同体に参加したくてもできず,婚姻共同体維持のために努力したくてもできないという地位に生まれながらにして置かれるというのが実態であろう。そして,法廷意見が述べる昭和22年民法改正以後の国内外の事情の変化は,子を個人として尊重すべきであるとの考えを確立させ,婚姻共同体の保護自体には十分理由があるとしても,そのために婚姻共同体のみを当然かつ一般的に婚姻外共同体よりも優遇することの合理性,ないし,婚姻共同体の保護を理由としてその構成員である嫡出子の相続分を非構成員である嫡出でない子の相続分よりも優遇することの合理性を減少せしめてきたものといえる。
こうした観点からすると,全体として法律婚を尊重する意識が広く浸透しているからといって,嫡出子と嫡出でない子の相続分に差別を設けることはもはや相当ではないというべきである。
(裁判長裁判官 竹崎博允 裁判官 櫻井龍子 裁判官 竹内行夫 裁判官 金築誠志 裁判官 千葉勝美 裁判官 横田尤孝 裁判官 白木 勇 裁判官 岡部喜代子 裁判官 大谷剛彦 裁判官 大橋正春 裁判官 山浦善樹 裁判官 小貫芳信 裁判官 鬼丸かおる 裁判官 木内道祥)

(Source: courts.go.jp)

Q: As the Secretary-General is very well aware in the Northeastern area, regarding the territorial issues there is heightened tension going on right now. What do you think is most urgently needed? Regarding the context of the current conflict, could we hear your views?

SG: Regarding Northeast Asia, the three countries – China, Japan and the Republic of Korea –are important not only within Asia, in terms of their influence, economies and political stature in the international community, they are all very important respectively. The three Northeast Asian countries, in terms of economic advancement, science and technological innovation and development, you could say that they are at the centre of these advancements. All three of them are very important countries. In terms of how the countries view history and then other political reasons, and also war factors, there is mutual tension that is persisting. As Secretary-General of the UN, I find it to be regrettable,all of these challenges. I think it is up to the political leaders to be very frank with one another, so that based on a very accurate view of history, they can address this issue from a forward-looking perspective. Bilateral or multilateral forums can be available. History, of course, is very important in each of the countries. But I think the Northeast Asian leaders should look toward the future and look at not only the development of their respective countries, but development of the broader Asian area and broader global economy. What they can do for co-existence and better advancement of the global community is to have this broader kind of view, and the decisiveness of the political leaders is called for. Having the right view of history is key; only then you will be able to earn trust and respect from other countries. As Secretary-General of the UN, regarding issues between two different countries is a bilateral issue. I do not think it is desirable for me to be involved directly. As Secretary-General of the UN, I have always emphasized what I have just said to the global leaders.

Q: In connection to the previous question, the Japanese Government is making a move towards revising its constitution, to which Northeastern countries are expressing concerns.

SG: As I have just elaborated moments ago, it is about what kind of view and perspective you should have on history to make sure that we will be able to direct perspective and also maintain friendliness between the neighbours. Regarding this, I believe that the Japanese leaders should have great reflection, insight and vision to look forward.

Secretary-General’s press conference | Secretary General’s Off-the-Cuff Remarks
潘基文国連事務総長、2013/8/26ソウルでの会見における最後の2つの質疑応答の全文。

Q: In connection to the previous question, the Japanese Government is making a move towards revising its constitution, to which Northeastern countries are expressing concerns.

SG: As I have just elaborated moments ago, it is about what kind of view and perspective you should have on history to make sure that we will be able to direct perspective and also maintain friendliness between the neighbours. Regarding this, I believe that the Japanese leaders should have great reflection, insight and vision to look forward.

Secretary-General’s press conference | Secretary General’s Off-the-Cuff Remarks
潘基文国連事務総長、2013/8/26ソウルでの会見における最後の質疑応答の全文。
富士山世界遺産記念 (via Google)
ぐぐる仕事早いw

富士山世界遺産記念 (via Google)
ぐぐる仕事早いw


重要文化財 雪汀水禽図屏風 狩野山雪筆 (via 展示作品紹介|[特別展覧会]狩野山楽・山雪)

折田先生像2013看板裏恒例のアイドル写真…誰ですか?

image image image image image
強制起訴は全国で7件
検察審査会は、一般の市民から抽せんで選ばれた11人の審査員が、検察による不起訴の判断が妥当かどうかを審査する機関です。
従来は、検察審査会の議決に拘束力はありませんでしたが、市民の意見を反映させようと平成21年から権限が強化され、審査会が「起訴すべき」と2度議決すれば強制的に起訴されることになりました。
これまでに強制起訴されたのは、全国初のケースだった今回の歩道橋事故をはじめ、107人が死亡したJR福知山線の脱線事故など7件に上っています。
このうち、政治資金を巡って強制起訴された生活の党の小沢代表には、1審と2審で無罪が言い渡され、すでに確定しているほか、詐欺の罪で強制起訴された沖縄の会社社長にも1審で無罪が言い渡されています。
一方、今月8日には、暴行の罪で強制起訴された徳島県の町長に初めて有罪判決が言い渡されています。
検察審査会の制度については審査が非公開で議論の内容が分からないことや被告の負担が重すぎることなどを問題だと指摘する意見も出されています。
歩道橋事故 裁判打ち切りの判決 NHKニュース
強制起訴で有罪判決はあったのね。
歩道橋事故強制起訴の経緯
これまでの経緯をまとめました。
平成13年7月、兵庫県明石市の花火大会の会場に近い歩道橋で、見物に訪れた大勢の人が折り重なって転倒し子ども9人を含む11人が死亡、200人余りが重軽傷を負いました。
現場の雑踏警備は、警察のほか、花火大会を主催した明石市と、委託を受けた警備会社が担当していました。
神戸地方検察庁は、警察の雑踏警備の現場責任者だった明石警察署の元地域官と、明石市や警備会社の元幹部ら合わせて5人を業務上過失致死傷の罪で在宅のまま起訴。
5人はその後、裁判で有罪が確定しました。
一方、明石警察署の警備本部長だった元署長と、副本部長だった元副署長は、「当時警察署の中にいて事故を予測できなかった」として不起訴になりました。
これを不服として遺族が検察審査会に申し立て、審査会は、元署長と元副署長の「起訴が相当」と議決。
議決を受けて神戸地検は改めて捜査した結果、2人を再び不起訴にしました。
その後、平成17年にも、遺族の申し立てを受けた検察審査会が「起訴相当」と議決しましたが、検察は不起訴にしました。
元署長は、平成19年に死去。
平成21年に検察審査会の権限が強化されると、遺族は元副署長について3回目の申し立てを行いました。
検察審査会は、2度にわたって「起訴すべきだ」と議決し、元副署長は、全国で初めて強制的に起訴されました。
遺族たちは法廷で、「悲しみや苦しみは事故の直後と変わりません。真の原因解明や再発防止につながる裁判にしてほしい」と訴えました。
歩道橋事故 裁判打ち切りの判決 NHKニュース
検察審査会「起訴相当」→検察「不起訴」→検察審査会「起訴相当」→検察「不起訴」→法改正で強制起訴可能に→検察審査会「起訴相当」→地裁「時効で免訴」
時間が掛かることを考慮して法整備しとけよ法務省。
Every meteorite fall on earth mapped
英Guardian紙に載っていた、有史以降の隕石落下地点地図。当然ながら人口分布図に似ているw なお地図は拡大可能、各地点をクリックすると隕石の種類・重量・落下年が分かり、隕石データベースへのリンクもある。

Every meteorite fall on earth mapped
英Guardian紙に載っていた、有史以降の隕石落下地点地図。当然ながら人口分布図に似ているw なお地図は拡大可能、各地点をクリックすると隕石の種類・重量・落下年が分かり、隕石データベースへのリンクもある。


 現在、森美術館において「会田誠展」が開催されていますが、ここには、四肢切断された全裸の少女が首輪をされて微笑んでいる「犬」という題名の連作をはじめとして、性暴力性と性差別性に満ちた作品が多数、展示されています。
 (作品の一部は、森美術館の公式ブログにて紹介されていますので、それを参照してください。)
 これらの作品は、残虐な児童ポルノであるだけでなく、きわめて下劣な性差別であるとともに障がい者差別でもあります。このようなものが、同人誌にこっそり掲載されているのではなく、森美術館という公共的な美術館で堂々と展示され、しかも、各界から絶賛されているというのは、異常としか言いようがありません。すでにNHKの「日曜美術館」で肯定的に取り上げられ、最新の『美術手帳』では特集さえ組まれています。
 私たちは、森美術館に対して1月25日付で抗議文を送付するとともに、多くの団体・個人と協力してこの問題を広く世論に訴えていきたいと考えています。またこの問題を国際的にも訴えていきたいと考えていますので、みなさんのご協力を求めたいと思います。
— 『同人誌にこっそり掲載されているのではなく』という記載に違和感を感じる。この団体はこっそりなら許すのね多分。
森美術館における「会田誠展」の性暴力展示に抗議を | ポルノ被害と性暴力を考える会
 東山建仁禅寺(とうさんけんにんぜんじ)は大和大路(やまとおほぢ)四条の南にあり。〔門前(もんぜん)通四条より南を建仁寺(けんにんじ)町となづく、中の門の南より竹垣を以て塀の代とす、是を建仁垣といふ〕五山の第三位にして、開基は千光国師(せんくわうこくし)葉上僧正(えふじやうそうじやう)、諱は栄西(えいさい)といふ、産は備中国(びつちゆうのくに)吉備津(きびつ)の人にして賀陽氏(かやうし)なり、薩州(さつしう)の刺史貞政(ししさだまさ)の曾孫とぞ、建保三年七月五日寂す。〔七十五歳〕土御門院(つちみかどのゐん)の勅願にて、征夷将軍(せいゐしやうぐん)源頼家(みなもとのよりいへ)卿(きやう)敷地を寄附し給ひ、建仁三年伽藍ことごとく造営し、勅願たるによつて年号を以て寺号となす。仏殿の本尊は釈迦仏(しやかぶつ)、脇士は迦葉(かせふ)阿難(あなん)なり。開山塔は興禅護国(こうぜんごこく)院と号して東の丘にあり、栄西国師(えいさいこくし)の廟塔なり。又国師宋国(そうこく)より帰朝の時携給ひし菩提樹は当院にあり。〔今繁茂して数株となる〕
 河原院(かはらのゐん)鐘は仏殿の北に二ツの鐘堂あり、東の大鐘これなり、是融大臣(とほるのをとゞ)六条河原に殿舎を建給ひ、後に仏閣となし河原院(かはらのゐん)と号す、此処にありし鐘なり。荒廃の後鴨川(かもがは)七条の南の深淵に沈む、栄西国師(えいさいこくし)是を窺知りて官吏に訴乞求て当寺に掲る。此鐘かの淵を引上る時更に動ず、然るに国師のはからひとして、力者の音頭に栄西(えいさい)と唱、又国師の弟子(でし)長首座(ちやうしゆそ)と呼んで引べしと教給ふ、力者大勢是を懸声してやすくと当寺にうつす。〔今重き物を引に此名を呼で運送するは此所謂なり。又鴨川(かもがは)七条の南七町に釜淵(かまがふち)といふあり、此鐘の沈ありし所なり、実は鐘淵(かねがふち)なり〕又此鐘毎夜子の刻より数九十声撞なり、晨鐘には十八声なり、合て百八撞なり、昔は陀羅尼経を誦して撞きしゆゑ、此鐘の音を称して建仁寺(けんにんじ)の陀羅尼といふ。
 池を法水池(はうすゐち)と号し、中門を矢立門(やたてもん)と呼ぶ。〔平家の一門門脇教盛(かどわきのりもり)卿(きやう)の館の門なりといふ〕禅居庵には摩利支天を安置す、嘉暦二年唐土より将来せし霊像なり。〔応験新にして常に詣人多し〕妙徳石〔方丈の北にあり〕焼香橋(せうかうはし)〔浴室の北の石橋をいふ〕楽神廟は国師の勧請にして当山の鎮守なり。〔備中国吉備津(きびつ)の宮の第三神楽御前を祭るなり〕安国寺(あんこくじ)の塔(たふ)〔方丈の庭にあり〕織田有楽塔(おだうらくたふ)〔正伝(しやうでん)院にあり、則有楽翁(うらくをう)の数寄屋あり〕

重いものを運ぶ時の掛け声は栄西とその弟子の長首座の名を呼ぶ、との伝承記述。

都名所図会 巻之二 平安城再刻 東山建仁禅寺 (建仁寺)|日文研
http://www.nichibun.ac.jp/meisyozue/kyoto/page7t/km_01_072.html
http://www.nichibun.ac.jp/meisyozue/kyoto/page7/km_01_072.html
http://www.nichibun.ac.jp/meisyozue/kyoto/page7t/km_01_072_2.html
(翻刻文はリンク先のpdfファイルに拠る)

『都名所図会』は墨摺六册本で名所図会本の先魁となったものである。本書は本文を京都の俳諧師秋里籬島が著し、図版を大坂の絵師竹原春朝斎が描き、京都の書林吉野屋から安永九(1780)年に刊行された。なお、本データベースに用いた本センター所蔵の『都名所図会』は天明六(1786)年の再板本である。
http://www.nichibun.ac.jp/meisyozue/kyoto/c-pg1.html

 昨年末、民放テレビの報道番組に、ご当地グルメの偽物を追いかけるコーナーがあった。祭りの屋台が並んでいる中に「ひるぜん焼きそば」の看板を掲げる露店がある。岡山県真庭市のご当地焼きそばをまねたものだ。
(中略)
 偽物が横行する背景には地域名と料理名を組み合わせた文字が商標登録しにくいという事情がある。とくに一般商標で認められるのは例外だ。
 「松阪牛」のような地域団体商標も登録者が事業協同組合に限られているので、ご当地グルメを使ったまちおこし団体などには申請の資格すらなかった。
 ところが風景が変わった。特許庁が次の通常国会に「NPO法人、商工会議所、商工会も地域団体商標の登録者になれる」とする改正案を提出する方針だ。
 福島県浪江町役場に災害派遣された特許庁の職員が、四散した町民の絆になっている「なみえ焼そば」の偽物が氾濫していることを知ったのがきっかけだった。
 ご当地グルメは貴重な地域資源。地元の宝は守られなければならない。
ご当地グルメ、心無い偽物 特別編集委員 野瀬泰申:日本経済新聞(会員限定)
B級グルメで人気だから、というだけで名を騙る屋台も多そうな気がする。ので私は屋台では食べないことにしている。
地域名組み合わせ便乗創作メニュー(例:「横手風つゆ焼きそば」)が居酒屋にあるとか…知らないと引っかかってしまいそう。
商標登録権者の改正のきっかけが特許庁職員の災害派遣だというのは面白い。やはり現場に出ないと分からないことは多い。